先日、愛知県は名古屋市にて、
特定非営利活動法人 日本なわとびプロジェクトJJRPによる、
第一回 なわとびサミット2017が開催されました。
nawatobi_summit2017
なわとびサミット2017          

JJRP(特定非営利活動法人 日本なわとびプロジェクト)
http://jjrp.jp/

思えば今までこういう会が開かれていなかったことも不思議ですが、
こうして開かれたことがすごいと思います。

顔ぶれもまた第一回のサミットにふさわしい、
なわとびに関わる素晴らしい人たちの参加でした。

16年ぶりになわとび界伝説の鈴木さんと再会することができましたし、
それぞれの方の講演からいろいろななわとびの可能性を感じました。

2000年になわとびを始めた時には想像できなかったことが今、
目の前に起こっています。
まさに夢のイベントでした。

サミットでは、
JJRP代表による挨拶、
サダのなわとびとの関わりのお話し、
ジュニアチャンピオンのお父様のお話とチャンピオンの生パフォーマンス、
教育現場で交互とび(ホイール)を実践された先生の授業のお話、
大学教授の分かりやすいなわとびの可能性についてのお話、
使わなくなった縄を集めてネパールの子どもたちに届ける団体のお話、
といった講演を聞くことができました。

続く懇親会では、
編集長が娘さんからもらったというオリジナルなわとびカードのお話、
教育を主テーマになわとびと関わる合同会社RoCo代表のお話、
なわとび界の伝説で神様でもある「鈴木勝己」先輩(なんと78歳)によるお話もありました。
nawatobi_summit2017b
鈴木さん       

そん中、久しぶりのチーム「NAWA-NAWA」によるパフォーマンスも行いました。
登縄からおはロック、そしてPPAroPeと、
16年の月日と現在とをつなぐストーリー。

なわとびに関わる人にとっては、
本当に夢のような時間でした。

この先、第二回も開催され、
続いていくような会になっていったらいいなと思います。