TORUK


キダムのツアーで台湾に行くことはなかったので、
旅行で行きたいなと思っていたところ、
ちょうどいいタイミングで「TORUK - The First Flight」というショーが、
台湾公演を行っていたので、
旅行も兼ねて観に行ってきました。

TORUK - The First Flight
https://www.cirquedusoleil.com/toruk





映画「アバター」との関連


ショーのロゴの下段に「INSPIRED BY JAMES CAMERON'S AVATAR」とあるように、
「TORUK - The First Flight」は映画の「アバター」を元に創られています。

映画アバターの続編の計画があるので、
おそらくその公開に合わせて、
もしくは少し先行する形でショーをスタートさせる計画だったと思います。

しかし映画の続編が延期や再延期になったことにより、
ショーはショーとしてスタートすることになったのではないでしょうか。

ショーでは映画に描かれている出来事の前の世界を描いているそうなので、
事前知識として映画を見ておけばよりその世界観を楽しめると思いますし、
続編に関わらず観ても大丈夫なのでしょう。

ストーリー性は大きい


シルク・ドゥ・ソレイユといえばアクロバットやパフォーマンスといった、
サーカスの要素をメインにしたショー創りが多いですが、
「TORUK」は映画がを元にしているということで、
ストーリー性がかなり大きい構成になっていると思います。

実際にショーの中でも、説明をするようなセリフが多くありました。
台湾公演では英語でしたが、
仮に日本公演があるとしたら、
字幕か吹き替えが必要になるのではないかと思ったほどです。

アリーナツアーのショー寿命が短めなのと、
アジア・オセアニアツアーをしているこのタイミングで日本に来ていないので、
日本ツアーはないのかなと個人的には思っています。

今は日本公演次回作品「KURIOS(キュリオス)」に集中していると思いますし。
東京公演の概要が発表されて、
もうすぐチケットの先行販売も始まりますね。

TORUKはアリーナツアーのショー


「TORUK」はビッグトップツアーからアリーナツアーになったショーではなく、
最初からアリーナツアーとして創られたショーです。
TORUK
公演前の雰囲気

そのため会場としては大きめになる、
アリーナの利点を生かしたショーの創りになっていると感じました。

広い空間を最大限に利用したプロジェクションマッピングと照明、舞台装置があります。
それに合う衣装はとてもきれいです。
アリーナ全体を使っているステージは、
広く動き回れる空間と、それを効果的に見せる演出がいいと思いました。

さらにスマホアプリで観客が演出に参加できるのも面白い試みです。

アクロバットは少な目だろうと思っていたので、
その点での期待値は低かったものの、
劇やミュージカルを見ているような感じを楽しめたので、
想像以上に良かったです。

ストーリーはもう少し理解したかったと思いますが、
映画も観ていないストーリーも分かってない4歳の子供が、
楽しかった〜と喜んでいたいので、
子供も楽しめる要素はあったのだと思います。

旅の一つのオプションとして観るのはありですね。

余談


キダムで一緒に働いていた仲間が何人かTORUKで働いているので、
再会できたのが何より一番うれしいことでした。