旅と日常の曖昧な境界線

田口師永 NORIHISA TAGUCHI / スキッピングロープアーティスト(縄跳び師)
 なわとびのこと、日本でのこと、金沢のこと、シルク・ドゥ・ソレイユのこと、ツアーで訪れた町の記憶など

タグ:ホテルの部屋

ちょうどツアーブレイク明けで、 オフを過ごした場所からの到着はパリのシャルル・ド・ゴール(CDG)空港だった。 しかし公演地はルーアン(Rouen)という町。 直行の電車もバスもないからか、 シャトルバスのサービスを会社が手配してくれていた。 CDG空港からルーアンま ...

初めてのアフリカ大陸はモロッコへの旅行だった。 ブリュッセルからは約3時間ほどのフライトでカサブランカの空港に到着。 到着時間が夜遅めだったので、 宿泊先のホテルへはシャトルサービスを頼んでおいた。 迎えに来たのは普通の車。 駐車場で荷物をトランクに載せよう ...

アメリカのノースカロライナ州にある、シャーロットという町には、 ちょうどアメリカ合衆国の独立記念日(Independence Day)に滞在していた。 アメリカにいて公演期間中にこの日が含まれるというのは、 意外にも初めてのこと。 この年(2013年)以外にもツアーでの13年の ...

アメリカのバージニア州にある、ノーフォークという町。 滞在した町も部屋の感じも良かった。 3週続いた何もない場所から、町中滞在への移動だったので、 楽しみな気持ちで町に入ったことを覚えている。 ちょうど桜の時期に町を歩いていて、 また今年も日本で桜を見ること ...

旅の一つの象徴としてのホテルの部屋。 人生の内で引っ越しをする回数というのは、 普通はそれほど多くないと思うし、 日常に住む部屋もそうそう変化に富むものでもないと思う。 そんな中、世界を転々と仕事しながら13年間ホテル暮らしをしていたので、 自分の泊った所の ...

↑このページのトップヘ