旅と日常の曖昧な境界線

田口師永 NORIHISA TAGUCHI / スキッピングロープアーティスト(縄跳び師)
 なわとびのこと、日本でのこと、金沢のこと、シルク・ドゥ・ソレイユのこと、ツアーで訪れた町の記憶など

カテゴリ:写真 > ホテルの窓から

初めてのアフリカ大陸はモロッコへの旅行だった。 ブリュッセルからは約3時間ほどのフライトでカサブランカの空港に到着。 到着時間が夜遅めだったので、 宿泊先のホテルへはシャトルサービスを頼んでおいた。 迎えに来たのは普通の車。 駐車場で荷物をトランクに載せよう ...

ドイツにある、フランクフルトという町。 正確にはフランクフルト・アム・マイン (Frankfurt am Main) 。 この町には世界最大級の空港の1つであるフランクフルト空港がある。 それゆえか空を見上げると飛行機をよく見かけ、 滞在したホテルの窓から見えた景色の1つ。 町 ...

旅の一つの象徴としてのホテルの部屋があったように、 その部屋の窓から見える景色というものもある。 日常に住む部屋と同じようにその部屋から見える景色も、 季節の移ろいはあっても劇的に変化することはそれほど多くないと思う。 それこそたくさんの引越しをしないかぎ ...

↑このページのトップヘ